訳あり巨乳の婚活

虐待育ちで家族に難あり、自分に難あり。それでも婚活してみました。

コメント頂きました件

数件頂いており、ありがとうございます。
ブログの改善やアドバイスなど、参考させて頂かせております。
また、ブログのコンテンツやレイアウトに関しましては只今試行錯誤中でございます。
当方、スマホで投稿およびレイアウトをしておりますのでPCから見たレイアウトなどは今後対策させて頂きたく思います。
また、コメントへのお返事に関しましてもお返事させ頂きたく思いますが、少し仕事とプライベートがばたついておりまして少しばかりお時間を頂けますれば幸いに存じます。

何卒よろしくお願い申し上げます。

虎子

婚活疲れと婚活市場の男性傾向および分析について4

ってかあれです。

婚活疲れおこしてるんです(笑)

 

もうちょっとお腹いっぱいになってきたので、こういう時は無理をせずに婚活も一旦スローペースにして気晴らしに今回の分析を婚活市場に投げ入れてみたらどんな反応があるのか見てみたいなーと。

もし微力ながらこれがキッカケで良い方向に行かれる方が一人でもいたらいいなーという気持ちでした。

 

思い立ったらすぐ行動、それが私です(笑)

 

早速婚活サイトの日記を使い投稿。

私の登録した婚活サイトは異性しか見れないシステムだったため、この日記の閲覧対象は男性でした。

そのため普通に分析だけでは面白くないので、感情論を使わずに統計学と進化論や心理学などを用いてなるべく理論的にまとめてみました。

 

 

この婚活ブログはリアルタイムではなく、また話のネタが溜まっていたのもあり、こんな人物がこんな婚活してこんな事がありましたというのを暇つぶしの1つに面白おかしく読んで頂けたら嬉しいなという気持ちではじめております。

事実やエピソードはそのままに、盛りはせずに文書を試行錯誤して投稿しておりますので、面白く読んで頂けますれば幸い。

そのため今から婚活サイトで私のこの日記は今探して頂きましてもございませんのであしからず(笑)

そんな身バレの勇気はございません。 

 

さてさて、この分析と意見発信日記ですが予想以上の反響がありまして、日記へのコメントを沢山頂きましたのはもちろん、落ち着いていた挨拶ラッシュが再び起きました。

前回ほどは行きませんでしたが数日で300件超えるぐらいには頂きました。

 

婚活疲れを起こしており前回よりペースダウンで処理しておりましたが、チラホラと気になるコメントや挨拶が。

それは「日記を見て気づく事がありました。婚活難航しているので助けて欲しい、アドバイスが欲しい」といったものでした。

 

 

うっ。頼られると断れないアダルトチルドレンが疼く・・・。


特に私は自分自身が困っていた時に身内から助けてもらった経験がなく、本当にとても辛い思いをしたので困っている方に私と同じ思いをして欲しくありません。

 

 

これはもう性なので(笑)自分の婚活そっちのけでこの助けて欲しい、アドバイスが欲しいと連絡を下さった方へお返事を返し、条件として「言われた事を素直に聞くこと、出来なければアドバイス終了」というのを前提に飲んで下さる方とやりとりを始めました。

あくまで金銭発生なしの完全ボランティアなのでこれぐらい許して頂きたい(笑)

そしてこの前提を飲んで下さった方々は最終的に17人ぐらい。

この方々とLINEをスタートです。

 

 

 


↓ランキング参加しております。 ポチッと押して頂けますれば大変幸いに存じます。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
 

 

婚活疲れと婚活市場の男性傾向および分析について3

私の周りの男性方にお話を聞いて、多かった失敗談の無意識について。

 
街ですれ違う美人を目で追ったり。
電車でたまたま向かいに座った美人をジロジロ舐め回すように見たり。
巨乳をガン見したり。
可愛いなーと感じたのでつい女性に触れたり。
 
これ全部無意識だそうです(笑)
男ってやつは(笑)
 
ある方のエピソードを一つ。
その方は巨乳好きという訳ではありませんでした。付き合っていた彼女もどちらかというと貧乳寄りでした。
でも、無意識で巨乳を目で追ってたそうで、彼女からちょくちょく「街中で巨乳の人ジロジロ見過ぎ」と言われていたそうです。
でも、彼は無意識でした。
無意識ですから自覚がなく「コンプレックスを押し付けて言い掛かりだ」と思っていたそうです。
そんな日が続きある時エレベーターで巨乳さんと一緒になり、こりなくガン見。
そこで彼女の我慢の限界がきて彼の頬を引っ叩いて泣いてしまいました。
そこでやっと「無意識で見てたんだ」と自覚したそうで・・・。
これ、私の男友達です。お前おせぇよ(笑)
どんだけだよ(笑)
 
そして、ビックリなのがこれに似た無意識でやってしまったエピソードが出るわ出るわ、ゴロゴロと。
男性陣はほとんど一度は経験してるらしく軽いものから重いものまで沢山のエピソードが出てきてその場に居たみんなで大盛り上がりしました(笑)
「わかるー!目が勝手に動くんだよなー!」って。
男ってやつは本当どーしよーもねぇな(笑)
 
そして皆気をつけているのは、「男は無意識でやってしまうから、めちゃめちゃ意識して気をつけている」との事。
ふと気が緩むとついやってしまうんだそうで、でもそれは女性にとっては大変失礼な事。だからこそそれをしないようにめちゃめちゃ意識しているそうです。
 
なるほどねー。
男性脳と女性脳の違いは意識しておりましたが、やはり当事者の(笑)お話を聞いてみると自分では思いもしない事がわかったりします。
 
また他にも、女性としては「言わなくてもわかるよね?常識だよ?」という当たり前の事が最初はわからなかった、など。
私の周りの男性方は自分では気付かない事を他者に指摘されて学んでいく傾向が強いようでした。
よく男性が「言ってくれなきゃわからない」というのはこういうところなのかもしれません。
 
そしてふと思いました。
これ、婚活市場に発信して見たらどうなるんだろう、と。
婚活市場で長く婚活していらっしゃる方はこういう事なんじゃなかろうかと。
素敵な方は沢山いるのにこういう事で上手くいかなかったりして、すごく勿体無いんじゃないかなと思い、私の考えと分析の一つとして婚活サイトの日記を使い投稿してみることにしました。
 
 
これがある意味、私の転機となりました。
 
 
 


↓ランキング参加しております。 ポチッと押して頂けますれば大変幸いに存じます。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
 

 

婚活疲れと婚活市場の男性分析および傾向について2

私の周りの男性方(20〜50代)にお話を聞きいた結果、婚活市場にいる男性は「プライベートでの女性経験のなさが露呈していて、かつ婚活市場での女性経験を積んでも個人の気づき力では限界がある」という事だろうという結論に至りました。

 

なるほどなー、と。

 

私の周りの男性陣は女性の扱いになれており、また巨乳をガン見したり、彼氏でもないのに身体に触れたりしないなどマナーも守ってくれています。

そこでストレートに「なんで触らないの?」と聞いてみたところ、殆どの方が「えっ?彼女でもないのに触ったら失礼じゃん?まぁぶっちゃ触りたいけど(笑)それやっちゃダメでしょ。」と。

 

そうなんだよ!その当たり前が婚活市場の男性には欠けてるんだよーーー!!と思い深くお話を聞いてみました。

 

基本男であるなら素敵な女性に触りたい。

でも、今まで経験してきてそれがダメなことと知っているし、そんなことをしたら嫌われてしまうと経験で理解した。

ただ、最初から知っていたのではなく、沢山失敗したので学んできた、との事。

 

そして、その失敗した対象がプライベートで出会う女性だったから良かった、と。

 

プライベートで出会う女性なら、例えば彼女だったら喧嘩した時に「貴方のココが嫌。ココがむかつく。こういうところ配慮ないよね」など、何が相手にとって嫌だったかと話になり、自分のどこがダメだったのか聞くことが出来ます。

また、友達を好きになった時は口説こうとして失敗したりした時に共通の友達から「あれはダメだよ。あの子嫌がってたよ」と言ってもらえたりします。

 

ですが、婚活で出会う女性相手に失敗してもわざわざ「ここが嫌でした」なんて言ってもらえる事はまずありません。

友達でもなんでもないのですから、当たり障りない言葉でお断りされておしまいです。

本当は嫌な「何か」があったのにその「何か」を聞ける機会がありません。

もちろん「何がダメでしたか?」なんて聞いても本心で答えてくれる訳がありません。

しつこく聞いたとてギリギリなんとなーくそれっぽい事を言って本音は伝えません。

相手からするとそんなリスクを負う必要もメリットもありませんからね。

 

また、自己分析では気付くことの出来ない第三者から見てダメだったところを聞く機会もありません。

 

例えばプライベートの場合、BARで好きな子が出来て口説こうとし、失敗します。

ふと「俺の何がダメだったのかな」と店長に聞いてみます。

店長は二人のやりとりを見てますから第三者としての目線で「これじゃないかな、彼女嫌がってたのに気づいてなかったよね?」と、当事者の自分では気付けなかったところを教えてもらう事が出来ます。

でも婚活だとその場には当事者二人しかいませんからこの「第三者の目線」がないんです。

 

そのため、なぜ自分は振られてしまうのか、何がダメだったのかというのを知りたいのも関わらずに、学べず、そのダメだったところを直せないまま婚活を続けるという負のループから抜けられません。

婚活アドバイザーやコンシェルジュに相談するというのもありますが、アドバイザーやコンシェルジュの方はその場にはいませんし、その相談内容は当事者目線でのエピソードから察する分析にとどまってしまいます。

また、あくまでお金が発生している「お客様」ですので、友達のように利害なく本音でぶつかってきてはくれません。

 

これは現状の婚活市場において大きな問題点かも致しません。


そういえば、私もBARで仲間に怒られ、学んだ経験があります。また、彼氏と喧嘩して「男性にこれは言ってはいけないんだ」と学んだ事も沢山あります。

そしてプライベートでは親友が心からぶつかってきてくれるため自分自身では気付けない事を沢山教えて頂きました。

もちろん、まだまだ未熟者ですが一部の方でも魅力的と言って頂ける今の自分がいるのもこういった小さな事の積み重ねなのでしょう。

いかん。なんか無性にみんなにお礼言いたくなってくる(笑)


 

 

そうそう、男性方の話で最も多かったのは「無意識で苦い経験をしたエピソード」でした。

私はこのエピソードを聞いて面白いなー。男女脳の違いだなぁ。と思ったのですが、長くなりましたので次回にお話させて頂きたく思います。

 

 

 


↓ランキング参加しております。 ポチッと押して頂けますれば大変幸いに存じます。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
 

 

婚活疲れと婚活市場の男性分析および傾向について1

お仕事とプライベートの忙しさにかまけて数日記事を投稿できませんでしたが記事は書き溜めておりましたので連続投稿していきます。



婚活パーティーで気分を変え、またネット婚活へ活動の場を戻しまして、まだまだ沢山のお声掛けを頂いていたのでざくざくチャットしてざくざくLINEやメールしてざくざく会って捌いていくぞー!

 
とか思っておりましたが、なかなかそう思ったようにいかず。
 
お相手の条件追加項目の
「配慮や思いやりが感じられない方はお断り」
コレがいい仕事しすぎてしまい(笑)
チャットはもちろんですがLINEやメールに移行してもコレでお断りさせて頂く方がめちゃくちゃ多い。
また、お会いしても彼氏でもないのに触れてくる人や失礼という自覚がないまま失礼な事を平気でしてくる方も多く・・・。
お断りすると逆ギレするなど私の周りにはいないタイプの方が些か多すぎました。
 
類は友を呼ぶといいますから、私自身がマナーを気にしたり気を使おうとするタイプのため、普段私の周りには気を使うタイプやそれを察してくれるタイプが多いかと思われます。
婚活という世界では様々な方とお会いしますので、その「言わなくてもわかる気の使い」や「私が最低限のマナーと思っている事」が通じず、価値観も違いますので自然と疲れてしまうのでしょう。
 
正直、男性陣の常識のなさと、配慮と思いやりのなさにうんざりしてしまい婚活疲れの状態になっております。
ちゃんとした女性の扱いを理解していらっしゃる方も存在はしているんでしょうが今までの経験に基づくと婚活市場全体のパーセンテージを殆どが失礼な男性が占めていてちゃんとした方は数%と思われる・・・。
多分10%居ない、本当に(笑)
 
でも、ただ疲れているだけでは前に進みませんのでなぜ疲れてしまったのか分析してみたところ上記の様な結論となりました。
 
そして、この分析をしたところでふとした疑問が。
女性は元々共感能力が高い生き物で、男性は元来「察する」という事が苦手です。
では、私の男友達や元彼達はなぜ察する事ができるのか?女性が嫌だなと感じたことを察してくれたり、して欲しいことを察してくれたり。
なぜ言わなくても嫌がっている、乗り気ではない、疲れているなどを理解するのか?
彼氏ではないのだから女性に触ってはいけない、胸をガン見しては相手に失礼、歩く速度を女性に合わせるなどをどうやって学んだのか?
 
疑問に思ったら調べないと気が済まない私。早速男友達数人に声をかけお話しを聞いてみる事に。また、良く行くBARがあるのですが、そこのBAR仲間(20〜50代男性達)は女性の扱いに慣れている方が多く、この話しを聞くにはもってこいと思い声をかけてお話をお聞きしてみる事にしました。
 
 
 


↓ランキング参加しております。 ポチッと押して頂けますれば大変幸いに存じます。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
 

 

閑話休題シリーズ4 中途半端な自分の事

この度は更新が止まり失礼致しました。

仕事、プライベートと大変バタついておりました。



今回のこの記事ですが、超雑談です(笑)

容姿についての私の経験と思うことを述べてみます。

 

 

まずは私の家族の話を。

我が家は美形揃いで私がぶっちゃけ一番ブスです。

この話をすると「またまた〜(笑)」とか言われますがその方に家族の写真を見せると「・・・・・・なんかごめん」と言われるぐらいには私が一番ブスです。うん、知ってる(^ω^)

 

祖父、祖母、父、叔母、従姉妹(2人)全員芸能人でもないのにファンクラブがありましたし、私の持って帰ってくるラブレターが少ないと心配されて家族会議になったレベルのモテモテっぷり一家でした。

 

ここまでモテてしまうと外に出かけても声がかかる事はありません。

せいぜい芸能事務所かテレビや雑誌の取材ぐらいでナンパはされません。

みんな声が掛けられずに遠巻きに見るぐらい。家族みんなで街中歩くとゲーテかな?ってぐらい人が避けてくれます(笑)

 

大人になっても痛感するのが、気軽に声かけられるしナンパされるし老若男女問わずめっちゃ道聞かれるのは家族で私だけって事。

せいぜい祖母が優しいおばあちゃんの雰囲気があり道を聞かれやすく、1日に数回おじいちゃんからナンパされるぐらいで、他の家族はよっぽど自分自身に自信がある方しか声をかけて来ませんでした。

 

そんな一家の中で育ったので私は巨乳なだけでものすごい美人ではない容姿というのは子供の頃から知ってました。

我が家は巨乳一家だったのですが、従姉妹達は美人だったので変に手を出される事は少なく、私は中途半端なスペックだったためこの件はかなーり苦労しました。

家族に相談したところ「雑魚から声が掛けられないぐらいのイイオンナになれ」と言われ(本当にこう言われた(笑))

 

そのため私は自分を磨いて気軽に手を出されないように内面外面と努力し、手を出したいという男性が寄って来まくりだったため自然とかわし方の経験を積みまくり。

 

また、万人ウケする王道の可愛い、王道美人の方に近づくように努力するのではなく「私という人のオリジナル部分を磨く」という方向で進みました。

従姉妹2人は典型的なこの王道美人タイプで肌が白く、目は二重のぱっちり、身体も細身でサラサラの髪でした。

かたや私は真逆タイプ。水泳をしていたため肩幅があり、お尻や太ももは大きく目も奥二重、肌も焼けやすいタイプで従姉妹のような透き通るような白さはありません。髪質も癖毛で固く太いため艶々のサラサラヘアにするには努力が必要でした。

そんな私がこの王道美人の方に勝つには、唯一無二の私、誰にも真似のできない私という付加価値を見出さなければ敵いません。

ダイヤモンドは王道人気ですがそこまでの人気がなくとも数少ない方が希少価値が付き、そして値段が高い。自分自身そうなるようにしました。

 

むしろ、王道美人では敵わないオリジナルを持つことによって私でも同じ舞台に立つことが出来ますし、そのオリジナルの部分では王道美人は私に敵わない。

そうなるように努力を重ねました。

 

その甲斐あって昔よりは声をかけられる事や男友達から好きになったと言われる事などが減っています。

特に男友達は関係が壊れてしまうため早めに無理だと悟ってもらえるようになりました。

あとなぜかお金持ちさんからすごいモテるようになりました(笑)

お金持ちさんはある程度ならばお金で手に入りますからなかなか手に入らない希少価値を求める傾向が強い気がします。

 

 

話は変わりますが、日本人男性って海外の方と違い傷付く事に臆病な方が多いため「イケそう」と思わないと基本声をかけて来ないと私は考えます。そしてこちらの状態に似合った男性が声をかけてきます。

 

それがよくわかるのが私の状態。

私は人と会わない限り基本スッピンなのですが、スッピンの時の方がナンパ率がグンっと上がります(笑)

ちゃんとお化粧して街を歩くとナンパ率は下がり、芸能関係の声かけが増えます。

 

そして面白いなーと思うのが、スッピンでちょっとお洒落してバーに行くと隣の男性から気軽に声をかけられますが、パパッとお化粧して行くと中小企業の社長さんやそれなりに儲かっている個人企業の社長さんから声をかけられ、ちゃんとお化粧し、かつしっかりとお洒落して行くと某大手企業の社長さんとか某大手病院勤務のお医者さんなどハイレベルかつネームバリューがあったりハイスペックの中でもさらに一定以上のスペックがある方から声がかかります(笑)

 

ちゃんとお化粧してしっかりお洒落した状態では隣の男性から気軽に声はかけられません。めっちゃ意識はされても、こちらからアクションしない限り相手から声をかけては来ません。

 

男の人ってわかりやすい。

 

 

婚活では自分という商品を売ります。

誰だって汚れた靴よりちゃんとお手入れされたピカピカの靴の方が魅力的に感じます。

中途半端な私だからこそ、お化粧や服装、仕草や食事マナーはしっかり気をつけなければと思うのです。

 

 


↓ランキング参加しております。 ポチッと押して頂けますれば大変幸いに存じます。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
 

 

婚活パーティーに行ってきました8(ラスト)

今回の婚活パーティーの体験を踏まえた分析。

 

結論は私でも十分に戦えそうでした。

 

会社同僚に婚活先輩(男)がおり、この方から「婚活市場の太ってない巨乳率はかなり低い」と聞いてはおりましたが、確かに高いとは言えなそうです。

 

婚活パーティーに二回しか参加していないとはいえ、手応えはありましたし、巨乳目当てとはいえハイスペック男性からの一定の需要も体感致しました。

条件激悪の私ですが、今回の婚活パーティを体験した限りでは、遊び人や既婚者も混ざっていると前提したとしても、少しは婚活市場で戦えそうだと感じました。

 

失礼ながら、今回参加した2つの婚活パーティーでどんな女性が参加していらっしゃるのか見てましたが太ってない巨乳率は0%でした。そこに顔が悪くないというのが加わるなら、私の需要も一定数あるでしょう。

また、ハイスペックな男性は女性に対して一定の知識や身なりを求めていらっしゃるようですので高卒の私としては学歴はありませんが知識や読書や経験値でなんとか戦えそうでした。

ここは書類選考の結婚相談所やネット婚活より婚活パーティーの方が良いかも致しません。

 

実は1回目のパーティーは列が出来ていた人気女性と、2回めのパーティーは別の女性陣と仲良くなりまして( ´∀`)

イェーイ!昔から同性モテするんですがこの時はそんな自分に感謝ー!!

フランス人形みたいな可愛い子からお手洗いでガチで襲われかけたりとか中学生の時学校のマドンナから告白されたり他校のマドンナから「そこらの男子よりかっこいい」と告白されたらその他校でなんかよくわからんブームみたいになりいつの間にかファンクラブが出来てたりとかバレンタインの時私の出待ちが校門のとこに出来て私が先生から怒られたり(私の学校も他校も共学でした。今思い出してもなんか理不尽(笑))後輩から告白された時に「ごめん、彼氏いるから」ってお断りしたら「大丈夫!彼女の枠があります!」とかわけわからん押され方をしたりとか色々な目に合いましたが(笑)

特に可愛い子から謎モテするんですが、この時ばかりはそんな自分で良かったと痛感しました(*´ω`*)

まぁ婚活なのに同性にモテてどうすんだって話なんですが(笑)

 

この女性達と後日お茶をご一緒させて頂き、そこで色々お話をお聞きしまして現在の婚活市場状況と参加男性の傾向、婚活パーティーの参加女性のパターンはざっくりと把握致しました。

 

また、パーティー会場内を拝見しておりますと、女性陣はぱっと見綺麗な方が大変多かったのですが、お化粧と服装がその方自身に合ってないケースも多く、雑誌の情報を鵜呑みにしていそうな方もチラホラ。

「確かにその服装は流行ってるよね、確かにその服装は男性受けするよね、そのお化粧流行ってるよね、でも貴女には似合ってないよ〜!もったいないよ〜!」という方率も予想以上に多い。

 

以上を踏まえると婚活パーティーでもそこそこ舞台には立てそうかと思います。

問題は親と自分自身の精神面ですが、こればかりはお相手が受け入れて下さるかどうかですので、とにかく婚活を頑張ってみようと再確認できる婚活パーティーの体験でした。

 

当初の意図とは違いますが、婚活仲間も出来ましたので、とりあえず婚活パーティーでの活動は見送りますが、ネット婚活で少し疲れた時はふらっと参加してみるのもいいかも致しません。

 

 

 


↓ランキング参加しております。 ポチッと押して頂けますれば大変幸いに存じます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ